Advanced Custom Fieldsには、サイト管理者が、簡単にコンテンツを構築できるための以下の機能があります。
そのうち、「真偽(True / False)」で、コンテンツを制御する2種の使いどころをご紹介します。

選択系

  • チェックボックス(Checkbox)
  • ラジオボタン(Radio Button)
  • セレクトボックス(Select)
  • 真偽(True / False)

コンテンツ系

  • ファイル(File)
  • ギャラリー(Gallery) pro
  • 画像(Image)
  • oEmbed pro
  • Wysiwyg エディタ(Wysiwyg Editor)

jQuery系

  • カラーピッカー(Color Picker)
  • デートピッカー(Date Picker)
  • 日時ピッカー(Date Time Picker)
  • Google Map
  • 時間ピッカー(Time Picker)

レイアウト系

  • Clone pro
  • Flexible Content pro
  • Group pro
  • Repeater pro
  • Tab

関連付け

  • Link
  • Page Link
  • Post Object
  • Relationship
  • Taxonomy

とても便利な機能「true/false」ですが、これには2つの使いどころがあります。

【1】 ページ単位でコンテンツの有効/無効の切り替え

例えば、サイドバーの表示をON/OFFにする、などの切り替えに使うことができます。
この固定ページの時はサイドバー表示したいけど、ここでは表示したくない、など、「ページ単位での制御」が可能になります。

<?php if ( get_field( 'enable_sidebar' ) == 1 ) { ?>
	<?php //trueの時の処理 ?>
<?php} else { 
	<?php //falseの時の処理 ?>
<?php} ?>

【2】 投稿(固定ページ)単体に対して真偽を付けて、表示したい箇所にコンテンツを表示する

こちらは逆で、あるコンテンツをサイドバーに表示する/しないの制御するやり方です。
この投稿はサイドバーに表示したいけど、この投稿は表示しなくていい、などの、同じく「ページ単位での制御」が可能です。
true値(1)を持つ投稿を照会して表示します。

<?php 
$posts = get_posts(array(
	'meta_query' => array(
		array(
			'key' => 'enable_sidebar',
			'compare' => '==',
			'value' => '1'
		)
	)
));
if( $posts ): ?>
	
	<ul>
		<?php foreach( $posts as $post ): 
		setup_postdata( $post )
		?>		
			<li>
				<a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a>
			</li>	
		<?php endforeach; ?>	
	</ul>	
	<?php wp_reset_postdata(); ?>
<?php endif; ?>	

ACF | True / False
https://www.advancedcustomfields.com/resources/true-false/